MESSAGE

メッセージ

東京で20年ほど音楽を中心にエンタメ業界をずっと見てきました。現在静岡に活動拠点を移し、音楽プロデュース、アイドル運営などをしている中で感じているのは、静岡にも東京で夢見る子たちに勝るとも劣らない、いろんな才能のある子たちが、静岡にもたくさんいたって事です。

ただ、歌は好きだけど、ちょっと自信がない。人前に出て活動したいけど、私なんかじゃ無理でしょ、と少しだけ消極的な“才能の原石”を時々見かけます。

今回のOSADAファッション部は、入り口はファッションにしていますが、歌は自信ないけどなんかやりたい、特に人より優ってるものがないから、東京にも行けないという、

「なんかやりたいけど、自分には何もない」

と思っている子達に参加してもらえる場所にしたいと思っています。

静岡のファッションを引っ張ってきたOSADAさんのエキスパートたちと、まだ誰も気付いていない「原石」を育てて、静岡の街を今よりもっと輝かせていけたらなと思っています。

PRODUCER

プロデューサー

KONDO KAORU

From MUZIC ENTERTAINMENT

1999年6月、ロックバンド、スィートショップのボーカリストとして、ポリドール(現ユニバーサルミュージック)よりメジャーデビュー。Albumを3枚、Singleを7枚リリース。中でも6枚目のSingle「地平線の向こうへ」が、本木雅弘、竹内結子主演のテレビ朝日系ドラマ「スタイル!」の主題歌となり話題になる。2004年のバンド解散後、ソロとして活動をスタート。Solo 2nd Single「ハロー&グッバイ」が人気アニメ「テニスの王子様」のエンディング曲になりヒット。

また、同時に作家としてもデビューを果たす。楽曲提供アーティストは、V6、AKB48、渡辺美里、リュ・シウォン、郷ひろみ、東方神起、マオ from SID、鈴木雅之、Juice=Juice、℃-ute、アンジュルムなど(下記参照)中でもV6に提供した、30th Single「HONEY BEAT」、31th Single「ジャスミン」は、オリコンで1位を獲得。(作詞作曲)その他、アーティストへの楽曲提供以外にも、大手たこ焼チェーン「築地銀だこ」のテーマソング制作や、プロ野球団「横浜DeNAベイスターズ」のチアソング、マスコットソングなど企業の音楽制作も手掛ける。